***flavor of maple*** 喜びの島のこと。
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
喜びの島のこと。
2006 / 12 / 24 ( Sun )
ドビュッシーの「喜びの島」で検索して
このブログを見て下さる方が実は意外といらっしゃるようなので、
今日はそんな話を・・・。


メイプルとは関係ないので、追記で書きます(^_^;
昔からよく「喜びの島」をいろんなところで使っていたのですが、
最近注目されているようです。 
どうやら「のだめカンタービレ」という漫画で出てくるらしい(?)
今度、見てみないとなぁ笑
そんなわけで、私も記事を書かずにはいられなくなったのです。


喜びの島とは。
ドビュッシーのピアノ作品です。
喜びの島とは、クレタ島の北西にあるシテール島のことをさすと言われています。
ルーヴル美術館にあるヴァトーのシテール島への船出という絵から着想を得た・・・んだとか。


音楽の友社ランクによると、6段階中最高レベルの難しさであり、
音大の卒業発表会などでもよく選ばれるそうです。
ドビュッシーの特徴がよく出ていて、
テクニックはもちろんのこと、
表現するセンスが問われる作品だと思います。
そう、、、素人の私にとって・・・難しいのです><


私のこの曲との出会いは約10年前に遡ります。
当時ピアノを習っていた私はフォーレのヴァルスカプリスや
ラヴェルのソナチネ、クープランの墓など、ステージでフランス音楽を弾く機会が多くて、
そんなきっかけからパスカルロジェというピアニストのコンサートを聴きに行ったのです。
大分田舎に住んでいたのですが、運良く公演があったんですね。

その時の、ラストの曲が「喜びの島」でした。


パスカルロジェはフランス音楽を得意とするピアニスト。
1曲毎に拍手をされるのを嫌っていたので、静かにプログラムが進み、
一番最後の、この喜びの島のラストで、大拍手が起こったのです。

実はこの曲の終わり方が劇的で、
88鍵あるうちの、一番低い「A」の音で終わるんです。
ピアノの一番端っこの鍵盤って何気にあまり使わないですよね。

その音がなって、大拍手。あの時の感動は今でも覚えています。

コンサートが終わり、早速会場で彼のCDを買った私。
帰りにがらんとした駅のホームで電車を待っていると、、、
旅行かばんを持ったロジェ本人が一人で歩いてくるではないですかΣ(゚∀゚ノ)ノ
必死で片言の英語で感謝の意を伝え、サインをもらったのです。
疲れていただろうに、笑顔で応じてくれて、握手もしてくれて・・・。
CDは、今でも大事に持っています。

当時中学生くらいだったと思いますが、今でも忘れられない一日なのです。


あれから、楽譜を購入し、時々練習がてら弾いています。
まだまだ、完成には程遠いですけれど
一生弾き続けていきたい曲のひとつです。

そんなことから、自分の人生のテーマの一つに。
自分の喜びの島はどこかにあるのかな? ってね。
それで、ブログのサブタイトルにしてるんです^^


ドビュッシーの喜びの島。
ドビュッシー:ピアノ曲集 ドビュッシー:ピアノ曲集
ロジェ(パスカル) (1994/10/01)
ユニバーサルクラシック
この商品の詳細を見る
こちらは・・・本当に心からおすすめのCDです。
スポンサーサイト
03 : 09 : 19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<5度目のクリスマス。 | ホーム | イブイブ。>>
コメント
----

素敵な曲に特別な想いが加わると
誰にも感じられないくらい彩さんにとって素敵なメロディが心に溢れるんでしょね。
彩さんのドキドキした気持ちが伝わってきました^^
by: 櫻ちゃ * 2006/12/27 00:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

*櫻さん

わあ!こんな記事にコメントくださるなんて!
ありがとです><
そうですね、この出会いがなかったら、
素通りしちゃってたのかもしれません。
聞くたびにそのころの事を思い出す曲ってたくさんありますよね!
櫻さんは何かそういう思い出の曲ってありますか??
by: 彩成 * 2006/12/27 17:20 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ayamoyasi.blog45.fc2.com/tb.php/45-cd37a7d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。